介護老人保健施設について

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は、「ろうけん」ともいわれており、介護を必要としている高齢者の自立を助け、家庭で生活していけるように支援している施設です。
医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士等によるリハビリテーションや、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せ、夜間でもご利用なさる皆様が安心できるサービスを提供いたします。

みやぎの郷では、ご利用者様やそのご家族の皆様が、快適に自分らしい日常生活を送れるように積極的に支援し、ご利用なさる皆様のご希望にきめ細かく対応できる施設を目指しています。

ご利用対象者様

介護老人保健施設をご利用いただける方は、介護保険法による被保険者で要介護認定を受けた方のうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5の方で、リハビリテーションを必要とされる方です。
また、要支援1・2の方も一部のサービスをご利用いただけます。

介護保険の給付を受けるため、ご利用費用の大部分は、介護保険による給付とご利用者様のご負担(給付の1割または2割)でまかなわれます。介護保険で支払われる額,ご利用者様のご負担額は介護度により変わります。

※要介護認定とは
介護保険による介護サービスを利用するためには、介護が必要であることを認める必要があるため、介護サービスの利用を希望する人が介護保険の対象となるかどうか、またどのぐらいの介護を必要とするかを公平に判定するものです。
要介護認定を受けるには、市町村の窓口に要介護認定の申請をします。

ご利用できるサービスの種類

介護老人保健施設では、入所サービスだけではなく、短期入所,通所,訪問サービスまで総合的なサービスをご利用いただけます。
・入所療養介護
・短期入所療養介護,介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)
・通所リハビリテーション,介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
・訪問リハビリテーション,介護予防訪問リハビリテーション